トップページ > 修理事例 > トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

修理の様子

トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装 トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装 トヨタクラウン ボンネット塗装剥がれの再塗装

事例詳細

損傷状況

クラウンのボンネットの塗装が剥げてきて気になるので塗装したいとのご依頼でした。
修理方法、金額を含めてご紹介します。

近年、車の耐久性が向上したためか長い期間乗る方が増えましたが、3回目の車検を通したあとくらいのボンネット、ルーフ、トランク、リヤスポイラー等、車の上面の塗装の修理依頼はかなりあります。
その中でも太陽光に加えエンジンからの熱が加わる為か今回のようにボンネットの塗装依頼が特に多いです。

基本的に経年劣化が主な原因(一部メーカークレームも有り)ですが、対策としてはできるだけ太陽光を当てないことにつきます。古い車でも屋根付き駐車場やカバーをかけていた場合は全く問題ないケースもあります。あとは定期的な施工が必要ですがコーティングも効果があります。

修理内容

修理費用

100,000円

作業内容

ボンネットのクリアー塗装が全体的に劣化してます。
この場合はクリアー下の層の塗装から全てやり直しになります。
他にも赤色や黄色、白色でも古い車で洗車した時にその色の汁が流れてくる場合がありますが、それらも全て剥がして再塗装が必要になります。

剥離剤やペーパーサンダーを使って旧塗膜を剥離し、次に小キズやへこみなどを修正しボンネット表面をきれいに整えてサフェーサーという下地塗料を塗ります。
サフェーサーとは下地となる塗料のことで上塗りする塗料の発色をよくしたり、しっかりと定着させる効果があるも塗料のことです。
次に塗装工程になりますが左右のフェンダーパネルにも傷があったので同時に塗装します。今回はフェンダーパネル内側もしっかり塗装するためにボンネットを外しています。

最後に外した部品を取り付けて完成ですが、今回は塗装したパネルと未塗装の他のパネルのツヤの違い防止のために軽く全体を磨きをかけました。
幸い他のパネルのクリアーは大丈夫だったのできれいに仕上げることが出来ました。
磨きと塗装で10万円でした。
Y様 ありがとうございました。

簡単見積もり依頼お問い合わせ

トップへ戻る